なぜ偏食がいけないことなのか考える

なぜ偏食がいけないことなのか考える

自分勝手に好きに育てていると

昔から我が家では放任主義だ!ということを決めてしまっていると、子供が何を食べていても無頓着ということが考えられますが、これは一種の育児放棄になってしまいます。

親というのはきちんと監督責任が発生することになっているのですから、健やかに成長していくように見守らなければいけませんし、時には厳しく接することも重要になるでしょう。

あまりにも自分勝手に育ててしまっていたというのならば、社会に出たときにもすぐに挫折するような人間になってしまって、将来的にも世間に貢献できなくなると予想できます。

小さな子供というのは何故か野菜嫌いなことが多いようにも感じられますが、なぜ食べなくてはいけないのかということをしっかりと説明して分からせることが重要になるでしょう。

時には泣き叫ばれてしまうこともあるかもしれませんけれども、愛の鞭だって必要になることはあるのですから、心を鬼にして躾をしていくことが求められるのは間違いありません。

それに健康的に育てていくことを目標としているのならば、栄養状態に気を遣っていくのは当然のことになってきますし、どうでもいいかな・・・。とは決して思わないようにしてください。

遺伝以前に食生活が重要である

スポーツをさせて育てたいと思っているのならば、体格を良くする食事を考えていくことも重要になります。遺伝的なものもあるかもしれませんが、食生活だって重要になるでしょう。

なかなか思った通りに成長していってくれない・・・。という悩みを抱えるようになってしまったら、投げ出したくなるかもしれませんけれども、時には耐えることも必要です。

いつまでも子供のままということにもならないのですから、定期的に栄養状態をチェックしていって、何が不足しているのかというのを的確に判断していくことも求められます。

別にアスリートとして育てるつもりもないんだけど・・・。という人もたくさんいるかもしれませんが、放任故に偏食になってしまったら将来後悔することも予想されるので、注意しましょう。

褒めて伸ばしていく指導が適切かも

何度いっても全く聞き耳を持ってくれない。ということで教育に関しては絶望することも多いかもしれませんけれども、根気強く向き合っていくということが何よりも重要になります。

幼子を相手に理論を説くというのはとても難しいことになるので、時には叱るだけではなく褒めて伸ばすということも念頭に置いていくことができたのならば、成功することができるでしょう。